かとう ふみえ:

占星術家、よろずコンサルタント

1979年生まれ/愛知県出身/お茶の水女子大学 文教育学部人間社会科学科卒業

また、ロックバンドのドラマー、9歳と1歳男児の母でもあります。

<ちょっと詳しい自己紹介>

幼稚園のころ、「大人になったら何になりたいか」というお題で絵を描いたとき、最初に思い浮かんだのは「魔法使い」でした。でも、「魔法使いになりたい」と言ったときの周りの反応を感じとり、「どうも『魔法使い』はなりたい職業的にNGらしい…」と考えた私は、結局ケーキ屋さんの絵を描きました。

同じころ、宇宙の果てのビジョンを見たり、自分の存在がただの入れものに過ぎない、自分は大いなるものに動かされているのに過ぎない…と考えながら過ごしたりしていました。

小学生時代、止まらぬ空想癖と「魔法使いになりたい」的なテンションのままゴーイングマイウェイを貫いていたら、友達がゼロに。無視されるのはいいとして、敵意を向けられるのは辛い!と、人の心の動きを読むことを心がけるように。

高校までは地元の学校に通い、大学進学に伴い状況。入学後、全く勉強せずサークル活動と恋愛と飲酒に明け暮れる4年間を経て、創業まもないベンチャー企業に就職。仕事と恋愛と飲酒に明け暮れる生活へシフト。

就職先のベンチャー企業では、受付嬢からコンサルティング業務、オフィスレイアウト変更業務、人事採用業務、セミナー講師、コラム原稿執筆などなど、多岐にわたる業務を経験。「仕事って楽しい!」「新しいことを学ぶのって楽しい!」感じながら、仕事と飲酒を大満喫する日々でした。

社会人生活を送っていた20代半ばに衝撃的な出来事に遭遇。それをカバーするために必死に考えて取った行動がさらなるカオスを呼ぶ…という泥沼を経験。2009年に2度目の結婚をして、息子を出産しました。産後数ヵ月して心境的に落ち着いてきたころに、人生を振り返り「どうして私はあのときあんな行動をしたのだろう?」「というか、そも、人生とは…?」と思うことが多くなり、精神世界に興味を持つように。

2011年からシータヒーリングを学び始めました。「あのころのわたし」の心の動きがわかる面白さと、視点の変化が即生活に反映される面白さを知り、インストラクター資格を取得。同時に、幼少期から意識せずに使っていた第六感的直観力、超感覚を意識的に使い、伸ばしていく面白さに開眼!

2012年、これまた幼少期から好きだった「占い」をもっとディープに学びたくなり、西洋占星術を本格的に学び始めました。ノエル・ティル式心理占星術で占星術の奥深さを知り、セミナー受講と独学での学びを深めていきました。

現在は主に

・占星術セッション

 ←視覚優位な自分の性質を活かし、パワーポイントでプレゼンデータを作成して行うセッションを提供

・よろずビジネスコンサルティング

 ←自営業の方対象に、強みの整理、販促のアドバイスなど「今よりもっといい感じにビジネスできるには?」という課題を解決するコンサルティング

・超感覚を活用したリーディングセッション

 ←ビジネスパーソン、事業経営に関わる方など、社会人の方からご用命いただくことが多いです。

​上記3つのサービスを提供しています。

さて、幼いころの私が夢見ていた「魔法使い」とは何だったのか。大人になった今の私が言語化してみると…

「変わりものだけど、自分の好きなものを好きと言い、そんな自分を愛している。自由に人生を楽しんでいて、その様が周りにも受け入れられている存在」。どんなものが好きな私でも、どんなことを感じ考えている私でも「いいね!」って言われたいし、何より自分で「いいよ!」って言ってあげたい。自分の意思や感覚を大事にして、好きなものを追求して自由に生きたい、ということだったのではないかな、と思います。

それなら、今の私は魔法使いに近づいています。そして、世の中に「魔法使い」がたくさん増えるよう、私のサービスでお手伝いしていきたいと考えています。

画像は水墨画家 田中芙弥佳さん(http://fumikaya.web.fc2.com/)

 に描いていただいたエネルギー似顔絵

「マジカルなことがらもこの世の理も俯瞰してものごとを取り仕切る執事長」です。

© 2018 by Cosmic Weaver  Proudly created with wix.com

  • ホワイトTwitterのアイコン